びーるのまのま!

ビールにあうつまみを考える

年間を通して飲まれ続け若者から年配の方まで幅広い層に愛されているお酒「ビール」特に今からの季節はどんどん暖かくなってくるのでさらにおいしく感じることでしょう。
さて、そのお供「おつまみ」ですがどんなものが好まれるのでしょうか?たとえばスナック菓子、これは準備の必要もなく気軽に友人など招いて飲み会をするときなどの定番です。
ポテトチップスやポップコーンなど絶妙な塩加減はその手が止まらなくなりそうですね。
次に枝豆、枝豆は夏のビールの定番!飲みに行ったらまずはビールと枝豆ではないでしょうか?枝豆は2日酔いを予防するほか胃腸にもにやさしいなどのうれしいメリットなどもあります。
ほかにもピザ、冷奴、ナッツ類、チーズ、ソーセージなどなど言い出せばキリがありません、どんな食べ物にも相性抜群ですのでこれが1番だ!というのはないのではないかと考えます。
人それぞれ自分の1番の定番お供を見つけてみてはいかがでしょうか?

ビールに適したつまみの選び方と取扱いについて

ビールは大麦を原料にしたアルコール飲料で、他の酒類と比較して安価なことや炭酸が含まれているのが特徴です。
炭酸の刺激を味わうアルコール飲料なので、つまみは炭酸の刺激と相性が良い食材が用いられる傾向があります。
また、ビールは他の酒類よりも味が薄い商品が多いことから、塩や油などの味付けが濃いつまみが多く用いられます。
市販のスナック菓子や加工肉をそのままつまみに転用できることもビールが広く普及している一因です。
食材の品質によっては時間が経つと酸化して風味が低下してしまうことがあるので、一度にすべて食べることが出来るだけの量を少しずつ用意するのが美味しさを維持する秘訣です。
また、アルコールは味覚を麻痺させる作用があるため、複数の食材を交互に食べ分けることで味覚に良い刺激を与え、常に美味しさを感じることができるように工夫するのも晩酌を楽しむための心得になります。
また、酒類と一緒に食べ物を摂取する行為はアルコールの過剰な吸収を抑える効果があります。

recommend



Last update:2019/8/1

↑top