びーるのまのま!

実際にはビールは健康に良いのか

ビールと言いますとカロリーが高く健康に悪いや肥満の原因となる印象がありますが、必ずしも健康に悪いというわけではありません。
最初に効能について説明をしますと、ビールにはビタミンやミネラルなどが多く含まれています。
また、含まれているアルコールによって体内に吸収されやすくなることや血液の循環を安定させてくれるためといった効果があります。
ここまで聞きますと体に良いということがわかりますが、なぜ世間では肥満の原因となると言われていうのでしょうか。
その理由の1つとしては、おつまみの存在です。
大抵はおつまみも同時に食すことになり、そのおつまみがカロリーの高いものでしたら結局は太ってしまいます。
したがって、ビールを飲むことによって太るのではなく、おつまみなどの食べ物が原因となります。
ですが、太らなければ大量に飲んでも良いという物でもありませんので、一般的に適量とされる大ジョッキ1杯程度に抑えた方が健康には良いです。

ビールの飲み過ぎによる健康への影響について

ビールは大麦を原料にしたアルコール飲料で、アルコール度数が低く安価で購入できることから広く普及しています。
また、炭酸の刺激が様々な料理に適合することから食事の際に飲用する機会が多いのも特徴です。
その一方で、ビールの飲み過ぎによって健康被害に見舞われるケースもあることから、飲用の際は注意する必要があります。
ビールは炭酸の程良い刺激によって飲む量が増えやすい傾向がある他、食事も進みやすくなることから暴飲暴食に繋がりやすい点を注意します。
また、アルコールには強い利尿作用があることから飲酒を重ねると脱水症状に見舞われる危険が生じます。
酩酊状態になると体調不良の自覚が無くなるため、気づかないうちに重篤化してしまうこともあるので、過度の飲酒は控えるのが健康を維持するための重要な心得です。
特に加齢や病気によって体力が低下していると悪酔いしやすくなることから、飲酒を控えて健康的な生活を営むように心がけることが大切です。

pickup



Last update:2020/3/5

↑top