びーるのまのま!

ビールの種類と美味しい飲み方

ビールは大麦を発芽させた麦芽、ホップ、水を原料として発酵させたものでアルコール度数20%以下のものを指します。
生産国ベスト5は中国、アメリカ、ロシア、ドイツ、ブラジルです。
日本では長らく高級品扱いされていましたが高度成長期時代の昭和30年頃から大衆化されました。
醸造方法によって上面発酵・下面発酵・自然発酵と大きく3つに分類されます。
その下に様々な名称で分類されています。
上面発酵は20度前後の比較的高温で発酵させたもので代表的なのがエール、ヴァイツェン、スタウトです。
発酵温度の20度くらいで飲むのが最適です。
下面発酵は5度くらいの低温で発酵させたもので発酵の終わりごろに酵母が下へ沈みます。
ピルスナー、黒ビールなどが代表で冷やして飲むのが一番美味しいとされています。
自然発酵は20度前後で酵母を接種せずに空気中の微生物を利用して発酵させたものです。
ベルギーのランビック、グーズなどが挙げられます。
飲むのに最適な温度は10度ー15度くらいとされています。
上記に述べたように発酵方法によって飲むのに最適な温度が異なります。
ビールは味が変化しやすく長期保存には向きません。
日光や衝撃、酸化の影響をうけやすく開封後はすぐに飲みきることが推奨されています。

美味しいビールの飲み方

ビール好きの人は、家で飲むときも居酒屋などで飲むときもあるでしょう。
雰囲気によって美味しく感じるもの、そういったものではないでしょうか。
ひとりで飲むと美味しくないけれど、居酒屋で友達とわいわいいろんな話をしながら飲むのは好きだとか、色々あると思います。
あまりたくさん、飲みすぎるのは身体によくないのは確かですが、真夏に仕事を頑張った後などに飲むビールは格別であるはずです。
最近では、ノンアルコールもお酒に近い味になってきて、アルコールが入っていなくても雰囲気でまるで飲んでいるかのような気分を味わうことができるようになってきました。
ビール好きではない人も、市販で売られているものには、たくさんの種類があるので、食わず嫌いにならないためにも、プリン体オフなどの種類もたくさんあるので、試飲してみるのも楽しいかもしれません。
ただまずいものではないので、飲む機会があれば、飲むことはできるようになっていれば、飲みの場面でも雰囲気をより一層楽しむことができると思います。
安い缶しか飲んだことがなくて、まずかったからきらいになったという経験がある人は、ちょっと高めの瓶を飲んでみると、また印象が変わると思います。


check




記念品にノベルティを作ることが出来ます


最終更新日:2020/10/15

↑top